当店に在庫のある商品は営業日の正午(12時)までのご注文で即日発送いたします。

TOP > コーヒー豆の産地

豆産地マップ ネパール ラオス イエメン エチオピア ルワンダ タンザニア ベトナム インドネシア 東ティモール ハワイ ジャマイカ ハイチ メキシコ グァテマラ エクアドル ペルー コスタリカ コロンビア ブラジル

コーヒーは、世界中で多くの人々に愛飲される最もポピュラーな飲料です。しかしながら、コーヒーの栽培できる地域は、世界でもごくごく限られた地域になります。
コーヒーの樹は、熱帯・亜熱帯に自生、もしくは栽培されるアカネ科に属する常緑樹です。熱帯・亜熱帯とは経度上では、南北23.27度の北回帰線と南回帰線の間をいいます。コーヒーの樹は赤道をはさんだ、この地域での栽培が可能で、この地域は、一般的にコーヒーベルト、またはコーヒーゾーンなどと呼ばれています。

コーヒー豆の主な生産地は、中米、南米、東アフリカ、西アフリカ、カリブ海、アジア、オセアニアなどで、およそ世界で70余ものコーヒー生産国があり、南北回帰線内では、一年中どこかでコーヒーの栽培・収穫が行われています。
たとえば、6月にはブラジル、東ティモールなどで収穫が始まり、インドネシアでは10月、コロンビアやタンザニアでは11月頃の収穫です。中米の高地では翌年2月頃から収穫が始まります。
標高差の大きな産地では、気温差があるため、暖かい低地から収穫が始まり、南北に長い産地は、北半球では南から収穫が始まります。また、雨季の2回あるコロンビアやケニアは年2回の収穫があります。

このコーヒーベルト(コーヒーゾーン)内では、年平均気温が20℃を超えます。コーヒーの樹は熱帯性の植物のため、この温度帯の下でないと、健全な生育が保てません。
日本も、沖縄諸島がかろうじてコーヒーベルト内に入っており、小規模ながら今でもコーヒー栽培を行っています。また明治期には、小笠原諸島でもコーヒーが栽培され、さらに沖縄や日本統治下の台湾でも試植栽培が試みられましたが、それなりの成果はあったものの、定着するには至らなかったようです。

Fa Coffeeでは、代表的なものになりますが、コーヒー生産国について生産地マップ作成と各国の情報をご紹介させて頂いております。お時間のございます時には、こちらもぜひご覧頂き、少しでもコーヒーの生産地やその国に興味を持って頂ければ嬉しく思います。またコーヒー豆のご購入の際の、ご参考にして頂けましたら幸いです。

コーヒー豆の産地に関して

南北アメリカ

ブラジル

コロンビア

ペルー

メキシコ

グァテマラ

エクアドル

コスタリカ

ジャマイカ

ハイチ

アジア・オセアニア・ハワイ

ベトナム

インドネシア

ネパール

ラオス

東ティモール

中国

ハワイ

アフリカ

エチオピア

タンザニア

ルワンダ

中東

イエメン